合宿免許のメリットとデメリット

自動車の運転免許を取得する際の方法で人気があるのは合宿免許で、最短2週間程度で免許を取得出来るのがメリットです。

いったん就職するとまとまった休暇は取れないものですが、学生の春休みや夏休みを利用して取得できるので安心です。

教習所に通うより安くて済みますが、学校の休みの時は取得する方が多いので、通常期間と比べると料金が高くなります。

教習をうける時間帯以外は自由時間もありますので、これまで知らなかった方と交流を持つことも出来ます。
合宿免許の場合は、上限はあるものの交通費を負担して頂ける場合もありますので、詳しくは契約を交わす際に先生に尋ねてみると良いです。



通学の際には毎回自分でお金を払ったりスクールバスの料金を毎月会社に払う事になりますが、会社負担で免許が取得できるならありがたいものです。



合宿免許では交通量があまり多くなくてカーブの緩やかな道で練習する事が多いですが、実際に免許を取得して運転するとなると交通量はかなり多く道の条件も色々なので、その違いに戸惑う事もあります。

さらに所定の日数で免許を取得できればいいですが、運転者の技術によっては必ずしも期限内に取れるとは限りません。

一般の宿に泊まってレッスンを受ける事が多いので、教習を延長しなければいけない場合は、それに伴う宿泊費も追加になるという事です。

合宿免許に関する役立つ情報をまとめています。

特に休前日が入ると料金もかなりアップしますので、期限内に取得する事が出来るように最大の努力は必要になります。